不動産について

不動産を手に入れた場合には直ぐに登記をした方が良い

欲しい物件が見つかり購入した場合にお金を払えば買った土地や建物は自分の物になったと思っている人がいますが、それだけでは後でトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので注意する必要があります。
確かに不動産会社にお金を払えば購入した土地や建物を手に入れることができますが、登記をしなければ第三者に対抗することができないので十分に気を付けた方が良いです。
もちろん登記をしていなくても購入した人を貶めてやろうと考えるような悪意を持った人に対しては対抗することができますが、事情が分からずに善意で同じ土地や建物を購入して登記をした人に対しては対抗できなくなってしまいます。
この場合には土地や建物などを二重に売却した不動産会社に対しては損害賠償請求をすることができますが、同じ物件を購入して登記をした人に対しては何も言えないのです。
ですから土地や建物などの不動産を取得した場合には、後でトラブルに巻き込まれないようにするためにも必ず登記をすることが大切です。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

不動産を手に入れた場合には直ぐに登記をした方が良い